低アレルゲン&低糖質のお菓子教室 トイガルテン

これだけ常備しておけばOK。さくっとお菓子作りがしたい人向けおすすめ食材

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキをが大好きで、これまで食べてきたケーキは3000個以上。 国立大学を首席で卒業したものの社会に適応できず(笑) 製薬会社➡洋菓子店➡人材紹介会社➡適応障害になり退職。 やけくそになって水商売の世界に飛び込んだところ適応障害が改善し、元気になったタイミングでアレルギー対応お菓子トイガルテンを立ち上げる。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所トイガルテンの佐藤絵里です。

 

「普段のおやつをさくっとおいしく作りたい!」

「子供に手作りのおやつを食べてほしい」

「白砂糖をさけたい」

 

そんな風にお考えの方へ。

これからご紹介する食材を常備しておけば、いろんな種類のお菓子が簡単に作れます☆

 

ぜひそろえてみてください。

 

常備を強くおすすめする食材

ハイブリッドスイーツ作りに毎回といっていいほど出てくる食材です☆

ぜひそろえてみてください♪

 

①米粉

小麦粉よりも扱いやすく、ふるう必要がなく使えるため何かと便利です。


「米粉のお菓子は難しい!」

と思われがちですが、米粉選びさえ間違えなければとっても簡単に作れます♪

 

お菓子作りには「製菓用」米粉を選んでください

トイガルテンでは、「米の粉」を使用しています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B009KFE700″ title=”米の粉 お徳用 1kg”]

 

お値段がリーズナブルな上に使用感も良いので、私はamazonで定期的購入をしています^^

 

マフィンにマドレーヌ、パウンドケーキ、パンケーキなんかは、米粉とこの後ご紹介する食材があればちゃちゃっと作れちゃいますね( `ー´)ノ

 

小麦の何倍も使いやすく、めんどくさがりな私も重宝しています(笑)

使ったことがない人はぜひお試しください☆

使い勝手の良さに感動することでしょう✨

 

②karaココナッツクリーム

牛乳の代わりに使用したり、生地に甘味を持たせたり、生クリームの代わりに使用するのにとっても便利です☆

特に生クリームの代わりとしては、karaのココナックリームは秀逸✨

いろんなココナッツミルクやココナッツクリームを試しましたが、karaのココナッツクリームが一番なめらかで絞りやすいです♪


ほのかな甘味も感じられるため、甘味料の量を減らせるのも嬉しい♪

1パック200mlなので、karaココナッツクリーム1パックを使いきるレシピ開発が最近のマイブームです。

 

下のレシピを見ていただければ、使い勝手のよさをご理解いただけると思います(●´ω`●)

 

karaココナッツクリームの代用としては、豆乳や牛乳があります。

が!ぜひ常備いただきたいです!

 

店頭では富澤商店で、それ以外だと通販で手に入ります。

けっこう重いので、私は通販で一気に注文しています☆

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”hakutaka:10001899″ title=”【ハラル認証】Kara ココナッツクリーム UHT(業務用/25個入)【HALAL(ハラール)】”]

 

③きび糖 

白砂糖よりもミネラルを多く含んでおり、口当たりまろやかな甘味料です。

どのお菓子にも使いやすく、スーパーでも手に入ります。

 

「甜菜糖はどうですか?」

とご質問いただくことも多いですが、甜菜糖もきび糖と同じようにお使いいただけます。

 

きび糖はサトウキビからとれ、甜菜糖は北海道のサトウダイコンからとれるお砂糖という違いがあり、寒い地方で作られた甜菜糖のほうが身体を温めるとよく言われますが、科学的な根拠がないのでなんとも言えません。

お好きな方をお使いいただければと思います^^

 

④菜種油 or 米油

お菓子をしっとりさせるのに大切なのが油分✨

通常であればバターが使われることが多いですが、硬いし、溶かすタイミングなどもあるしで扱いがちょっと大変💦

 

そんなバターの代わりとして使いやすいのが米油や菜種油です。

さらっとしていて香りが少なく、どんな材料との相性もいいです✨

 

バター特有のコクや香りが好きな方はバターをおススメしますが、香りが少ない油分を使うと、油分以外の素材の風味が楽しめるようになりますよ☆

 

サラダ油でも代用可能ですが、一番しぼりの菜種油や米油は不純物が含まれていません。

そのため、アレルギーっ子のお母さんたちにも安心してお使いいただけるものとなっています。

 

最近ではスーパーでも米粉や一番搾り菜種油を見かけます。

もちろんお料理にも使えるので、ぜひ常備しておいてくださいね^^

 

できればそろえていただきたいもの

ここからはできればそろえていただきたいものをご紹介いたします。

とはいえ、スーパーなんかでも手に入るのでぜひ常備いただきたいです♪

 

⑤ベーキングパウダー

スポンジ生地を膨らませるために使用します。

安全性の面から、アルミフリーのものがおすすめ(^u^)

 

私がよく使うのはラムフォードと、冨澤商店のベーキングパウダーです♪




 

 

⑥無糖ココアパウダー

チョコ味のお菓子を作ったり、飲み物としてココアを作ったり、あるとなにかと重宝します。

ココナッツクリームとの相性もとってもよく✨

水切りしたココナッツクリームにココアパウダー、きび糖を混ぜればチョコレートクリームも作れちゃいます♪

 

⑦アーモンドパウダー

小麦粉の代わりや、ケーキをより深みのあるリッチな味わいにするために使用しています。


アーモンドパウダーには「皮つき」と「皮なし」があり、どちらを使用しても大きな差はありません。

仕上がりに関しては、「皮つき」の場合は完成時にやや色味が出ます。

お好みでお選びください^^

 

ちなみに、当店では基本的に「皮なし」のアーモンドパウダーを使用しています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01NCDZJ77″ title=”皮無アーモンドパウダー / 500g×2点 TOMIZ(富澤商店) カリフォルニア産 国内加工 保存に便利なチャック袋入”]

 

購入するとちょっとお高いアーモンドパウダ―ですが、自分で作ることも可能です✨



 

⑧卵

卵単体で甘いオムレツを作ったりメレンゲ菓子を作ったりできるので、ちょろっとたんぱく質っぽいスイーツが食べたいときに重宝します。

メレンゲを作って、米粉のシフォンケーキだって焼けちゃいますし✨

なくてもいいですが、あるとなにかと便利な食材です。

 

まとめ:普段からさくっとお菓子を作りたい人はこれをそろえて!

かなりの頻度で使う材料

①米粉
②ココナッツクリーム
③きび糖
④菜種油 or 米油

 

できればそろえていただきたいもの

⑤ベーキングパウダー
⑥ココアパウダー
⑦アーモンドパウダ―
⑧卵

 


こちらの7種類の材料がそろっていれば、クッキーもスポンジケーキも基本なんでも作れちゃいます!

 

スーパーの店頭で手に入るものも多いので、ぜひ少しずつ揃えてみてください^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキをが大好きで、これまで食べてきたケーキは3000個以上。 国立大学を首席で卒業したものの社会に適応できず(笑) 製薬会社➡洋菓子店➡人材紹介会社➡適応障害になり退職。 やけくそになって水商売の世界に飛び込んだところ適応障害が改善し、元気になったタイミングでアレルギー対応お菓子トイガルテンを立ち上げる。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

お問合わせはLINE@へどうぞ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください