低アレルゲン&低糖質のお菓子教室 トイガルテン

乳製品不使用のチョコペンをクッキングシートで作る方法

WRITER
 
低糖質のショートケーキ
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

お誕生日プレートやちょっとしたデコレーションに大活躍なチョコペン。

チョコペン自体は100円ショップやスーパーにも売っていますが、99%の確率で乳製品が使用されています💦

ということで、乳製品不使用のチョコペンを自分で作ってしまいました♪

作り方をご紹介いたします。

 

 

チョコペンレシピ:チョコソースの作り方

 

最初に、チョコペンの中身になるチョコソースを作りましょう。

材料はこの2つ✨

 

・カカオパウダー 2g

・メープルシロップ 6g

メープルシロップとカカオパウダーを小さめの器に入れ、スプーンでよく溶かしたらチョコソースのできあがり!

このチョコソースをクッキングシートで作ったコルネに詰めたら、チョコペンの完成です。

 

 

チョコペンレシピ:コルネの作り方

三角形の紙を巻き上げて作る自家製しぼり袋のことを「コルネ」と呼びます。

最初は作るのにちょっと手間どいますが、慣れてしまえば簡単♪

下の動画で詳しく説明しているので、ぜひ見てみてください。

 

チョコソースをコルネに詰めて、先端をカットすれば文字が書けます。

 

 

チョコペンレシピ:応用編

ここからはちょっとしたアレンジをご紹介いたします。

アレンジ① 味や糖質を変える

ページ上部でご紹介したチョコソースですが、メープルシロップをラカントs液状に置き換えると糖質はカカオパウダー2g分の0.036gになります。

 

また、カカオパウダーをストロベリーパウダーや抹茶パウダーに変えると、それぞれのフレーバーのチョコペンができますよ✨

 

アレンジ②チョコソースの固さを変える

カカオパウダーとメープルシロップの割合を変えれば、いろいろな固さのチョコソースができます。

 

すでにご紹介した、カカオパウダー2g:メープルシロップ6g=1:3 の割合は写真のように文字を書くときに適しています。

 

ケーキの仕上げに上からサラサラッとかける用を作る場合、カカオパウダー:メープルシロップを=1:6 にしてください。

 

 

以上、乳製品不使用のチョコペンの作り方でした♪

コルネ作りは最初はなれないかもしれませんが、数回やれば簡単にできるようになります。

メッセージを書いたりケーキをより華やかに見せたり、なにかと便利なのでぜひマスターしてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

お問合わせはLINE@へどうぞ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください