世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

乳製品不使用&低糖質。クッキングシートでチョコペン作り

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは。
世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さんトイガルテンの佐藤絵里です。

 

写真は低糖質のショートケーキ🎂

15cmホール一つあたりの糖質が15g前後です(*‘∀‘)

 

写真のクッキーの文字はチョコレートで書かれていますが、このチョコペンには乳製品不使用な上に低糖質です。

 

普通のチョコペンは100円ショップやスーパーにも売っていますが、自分で作ればアレルギーでも糖質制限してても関係ない!

ということで、ご家庭で作れるチョコペンレシピをお伝えします♪

 

チョコペンレシピ:チョコソースの作り方

 

チョコソースの材料はこの2つ。

・カカオパウダー 2g

・ラカントs液状 6g

 

ラカントs液状とカカオパウダーを小さめの器に入れ、スプーンでよく溶かしたらチョコソースのできあがり!

このチョコソースをクッキングシートで作ったコルネに詰めたら、チョコペンが完成します。

 

市販のチョコレートを使用していないため乳製品不使用。

ラカントs液状を使用しているため、糖質はカカオパウダー2g分の0.036g。

実際にバースデープレートに書く量を考えると、チョコペンの糖質量はゼロに等しいです。

 

ちなみにラカントs液状ですが、メープルシロップやはちみつなど、同量の液体甘味料で代用することが可能です。

 

チョコペンレシピ:コルネの作り方

 

三角形の紙を巻き上げて作る自家製しぼり袋のことを「コルネ」と呼びます。

最初は作るのにちょっと手間どいますが、慣れてしまえば簡単です♪

下の動画で詳しく説明しているので、ぜひ見てみてください。

 

 

チョコソースをコルネに詰めて、先端をカットすれば文字が書けます。

 

チョコペンレシピ:応用編

 

ページ上部でご紹介したチョコソースですが、カカオパウダーと液体甘味料の割合を変えればいろいろな固さのチョコソースができます。

 

カカオパウダー2g:液体甘味料6g=1:3の割合は、写真のように文字を書くときに適しています。

 

もし、ケーキの仕上げに上からサラサラッとかけるように使用したい場合は、カカオパウダーと液体甘味料の割合を1:6ぐらいにしてください。

 

また、カカオパウダーをストロベリーパウダーや抹茶パウダーに変えると、それぞれのフレーバーのチョコペンができます。

以上、チョコペンの作り方でした♪

 

 

写真の低糖質ショートケーキですが、血糖値が高いおじいちゃんとも、保育園入園のお祝いをしたいということでご注文いただいたものです。

こんなふうに大切な人に想いを表現できるって、とても素敵なことですよね✨

 

ぜひぜひ皆さんも試してみてください(^u^)

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA