世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

アレルギー対応お菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ6月下旬より開始

米粉のお菓子作りは難しくありません!正しい米粉を選びましょう

 
  2018/03/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

写真はトイガルテンの人気商品の1つ、有機フルーツのパウンドケーキです♪

 

ふんわりもっちりした生地に
7種類のドライフルーツとクルミがアクセントになっていて、ドライフルーツが苦手なお子さまにもパクパク食べていただけました(´艸`*)

ふんわりもっちり感の秘訣は米粉を使用しているから✨

 

 

よく「米粉でお菓子作りは難しい」というお話しをよく聞きますが、そんなことありません^^

ポイントさえつかめば、米粉のお菓子は小麦粉を使うよりも簡単にできちゃうんです♪

米粉でお菓子を作るときのポイントを2つ、ご紹介しますね♪

 

 

★1つ目のポイントは、「用途に合った米粉を選んでいるか?」です。

実は米粉には、それぞれ「製菓用」「製パン用」に作られたものがあるんですね~。
粒子の大きさが異なっていて、製菓用の方が粒子が細かく、製パン用の方が粒子が大きくなっているんです。
用途に合わせて専用の米粉を選ばないと、どんなに上手に作っても失敗しちゃうんです(´・ω・`)

私も過去には間違えて、製パン用米粉を使用してケーキを焼いたら、、、
ういろうのようなスポンジケーキができあがってしまいました、、、(´;ω;`)

使用する米粉が「製菓用」か「製パン用」かは、きちんとチェックしてくださいね。

 

★2つ目のポイントは、「生地作りに優秀な米粉を選んでいるか?」です。

小麦粉もそうですが、どんな種類の米から作られたかによって水分の吸収率やでんぷんの損傷率が変わってきます。

よく、「レシピ本通りに作ったけれど上手くできません」というご質問を受けますが、上手くできない理由の1つに「使用する米粉の種類がレシピとは違う」ということも挙げられます。

米の種類によって水分の吸収率が違うと、もちろんレシピの水分量も変わります。
そして、でんぶんの損傷率が少ない米からの方が、より細かい粒子の米粉ができるんですね~✨

 

米粉100

 

 

最近では、お菓子やパンをより作りやすく改良した米粉もあるようですが、トイガルテンではお菓子もパンも「ミズホチカラ」という米粉を使用しています。

 

ミズホチカラを使うと、パンもスポンジ生地も、ふんわりもっちり焼き上がります✨
私自身、10種類以上の米粉を試しましたが、いまのところミズホチカラが一番扱いやすいです(*´ω`*)
これを使うようになってからは、試作の回数がぐんっと減りました。

 

「米粉のケーキを作ってみたけど上手くいかない!」という方は、ぜひミズホチカラを試してみてください!

あ💦もちろん、用途に合わせて購入してくださいね^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.