ハチミツいちごジャムレシピ 

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

先月の池袋コミュニティカレッジでのレッスンは、卵・乳製品・小麦不使用のフォンダンショコラを作りました^^

1人あたり4個作り、そのうち1つは試食用として好きなようにお皿に盛りつけていただきました✨

 

盛りつけ用に用意した[keikou]即席ラズベリージャム[/keikou]が大好評!

まったく意図していませんでしたが、「レシピを知りたい」というお声をたくさんいただきました(*‘ω‘ *)

 

このジャムに関してはすべて目分量なのですが…

作り方をご紹介いたします^^

 

 

材料(すべて適量)

・冷凍ベリー(いちご、ラズベリーなど)
・きび糖(白砂糖でも可)
・ハチミツ
・お好みでレモン汁

 

作り方

 

 

↓↓文字で読みたい方はこちら↓↓

 

①冷凍ベリー(いちご、ラズベリーなど)をフライパンに入れ、きび糖をまんべんなくまぶす。
フルーツ全体に軽くいき渡ればOK!

②1~2時間ぐらい放置。

③解凍されてきたところでハチミツを気持ち多めに入れ、中火でフルーツをつぶしながら軽く煮立たせる。

④ジャムの粘度を高めたい場合、レモン汁を加える。

⑤火を止めて、粗熱が取れるまで放置して完成。

 

 

ジャムのとろみについて

「ペクチン」のゼリー化現象を起こさせることで、ジャムにとろみをつけることがポイントです。

ペクチンとはフルーツの細胞と細胞をつなぎ合わせる多糖類で、水溶性食物繊維の一種です。

ペクチンのゼリー化現象のために必要なのが[keikou]「砂糖」「酸」「加熱」[/keikou]

最初にきび糖をまぶす理由は、ペクチンのゼリー化現象を起こさせジャムにとろみをつけるためです(‘ω’)

そんなわけで、「ハチミツいちごジャム」と謳いながらも最初に砂糖をまぶす必要があるんです。

 

「酸」ですが、フルーツによっては少ないものもあります。

[keikou]いちごも酸が少ないため、パンに塗るぐらいの粘度が欲しい場合はレモン汁などで酸を補いましょう[/keikou]✨

 

以上、ハチミツいちごジャムの作り方でした★

 

 

ちなみに2月のフォンダンショコラレッスンには、10名の方にご参加いただきました^^

即席ラズベリージャム、ココナッツクリーム、ピスタチオを使って思い思いに飾りつけ✨

 

 

[keikou]当レッスンでは、生徒さまから求められない限り、盛り付けやデコレーションに関しては一切口出ししません。[/keikou]

※デモはもちろん、コツや裏ワザ的なものはお伝えいたします^^

 

お一人お一人好きなようにデコレーションいただくので、めっちゃ個性が出てこれがとってもおもしろい♪

 

次回、池袋コミュニティカレッジでは4月14日にいちごティラミス(卵・乳製品・小麦不使用)を作ります。

 

 

では、今日はこれで(^_-)-☆

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

「アレルギー体質でも、糖質制限中でも、甘くておいしいスイーツを食べたい!」そんな願いを叶える本格スイーツレシピです。延べ600名以上にレッスンを経て、生徒さまのお声をもとにお作りしました。トイガルテンによる完全個別サポートつき。これまでお菓子教室に参加できなかった方も、ご自宅にいながらお菓子作りをお楽しみいただけます。

CTR IMG