ふわふわ豆乳アイス【卵・乳製品・小麦粉・ナッツ不使用】レシピ

 

こんばんは。
世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さんトイガルテンの佐藤絵里です。

 

アレルギー対応のお菓子作りの協力な味方「豆乳メレンゲ」✨

以前の記事「卵がなくても大丈夫♪豆乳メレンゲの作り方」でご紹介した方法よりも簡単に作れることが判明いたしました。

ふわふわ豆乳アイスのレシピ解説をしながら、新しい豆乳メレンゲの作り方をご紹介いたします。

 

 

ふわふわ豆乳アイスのレシピ ①豆乳メレンゲを泡立てる

 

まずは動画にて、豆乳メレンゲの泡立て方をご確認ください^^

 

 

いかがでしたか?

材料を泡立てて固めるだけでできちゃいます(*‘∀‘)

 

豆乳メレンゲの泡立て方について、前回との変更点は下記2点です。

①基本的にはレモン汁は不要
※今回は冷凍庫で固まるまでに形状を保たせる必要があったため、レモン汁を入れました★②湯せんも不要

 

ふわふわ豆乳アイスのレシピ ②材料を確認

ふわふわ豆乳アイス、材料はこらになります^^

★成分無調整豆乳(大豆固形成分10%) 200g
★きび糖 200g
★レモン汁  小さじ1/2~小さじ1
★バニラエキストラクト 5~8滴

 

豆乳について

必ず大豆固形成分10%の成分無調整豆乳を使ってください。

というのも、メレンゲの気泡は豆乳のタンパク質が素となっているからです。

 

「ということは、大豆固形成分が11%以上のものの方が泡立つんじゃない?」

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが、大豆固形成分11%以上のものの大半は、豆乳の重量が重いのか泡立ちがあまり良くありません。。。

そのため、ふわふわ感を作るのには大豆固形成分10%のものがベストです✨

私がよく使うものは「スゴイダイズ」と「豆腐もできます有機豆乳」です^^

 

バニラエキストラクトについて

バニラエキストラクトは少量しか使用しませんが、必ず入れましょう。

豆乳臭さがなくなります✨

バニラエキストラクト以外にも、バニラエッセンスを使用しても大丈夫です。

ただ、自然の製法で抽出したバニラエキストラクトと比べ、バニラエッセンスは人工的に香りを作っています。

そのため、できればバニラエキストラクトをお使いください。

 

レモン汁について

ページ上部でも書きましたが、レモン汁を加えることで豆乳メレンゲは形を保つようになります^^

豆乳のタンパク質の形状を、レモン汁の酸によって固めるわけですね✨

冷凍庫で固まるまでに形状を保たせる必要があるので、レモン汁を入れてください。

 

 

ふわふわ豆乳アイスのレシピ ③自由に飾り付けてみよう♪

動画の最後にドライラズベリーやカカオニブで簡単に飾り付けをしています。

これ以外にも、パンケーキにのせたりコーヒーに浮かべたり…

カカオの比率が高いチョコレートを砕いてトッピングするのも美味しそうですね✨

 

いろいろな活用方法があるので、ぜひいろいろ試してみてください(^u^)

 

 

 

Youtubeでもたくさんのレシピをご紹介✨
チャンネル登録お願いします(^o^)/

トイガルテンちゃんねる

最新情報をチェックしよう!
>トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

「アレルギー体質でも、糖質制限中でも、甘くておいしいスイーツを食べたい!」そんな願いを叶える本格スイーツレシピです。延べ600名以上にレッスンを経て、生徒さまのお声をもとにお作りしました。トイガルテンによる完全個別サポートつき。これまでお菓子教室に参加できなかった方も、ご自宅にいながらお菓子作りをお楽しみいただけます。

CTR IMG