火を使わずに作るブラウニー【卵・乳製品・小麦・大豆不使用】レシピ

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

今日は火を使わないロー(raw)ブラウニーのレシピをご紹介いたします♪
カカオとナッツのリッチな味わいのお手軽スイーツで、卵・乳・小麦・大豆不使用です。

と~っても簡単なので、ぜひ作ってみてください。

 

材料&使用する器具

【材料】3個分
(A)
・アルガナッティ 3g
・プルーン 20g
・ココアパウダー 10g
・アーモンド 20g
(B)
・クルミ 10g
・カカオニブ 3g
(仕上げ)
・ドライラズベリー 適量
・ピスタチオ 適量

※それぞれ3グラム前後であれば、計量が増減しても大丈夫です。

 

【使用する器具】
・フードプロセッサー (or ミルサー)
・ゴムベラ (or スプーン)
・キッチンスケール(=はかり)
・包丁 ( orペティナイフ)

 

作り方

 

① (A)をフードプロセッサーでよく撹拌する。

② ①を入れたままフードプロセッサーに(B)を入れ、軽く撹拌する。

③ ②をビニール袋に移し入れて平べったく伸ばす。

④ ビニール袋を切り開き、包丁でブラウニーを一口大にカットする。

⑤ ブラウニーに(仕上げ)を載せて完成。

 

おいしく作るためのポイント

♦最初の撹拌の時に、よく細かくしてください。
よく撹拌すると、成型の作業が簡単になります。
※但し、フードプロセッサーを連続で3分以上、稼働させることは控えてください。故障の原因になるため、3分ぐらい撹拌したら一度止めて、再度撹拌してください。

♦ポリ袋の中で成型する際は、思いっきりぎゅぎゅっと押し固めてください。
ブラウニーをカットするとき楽になります。

♦ココアパウダーは、無糖のものをお使いください。
市販の甘味料や乳成分が入ったココアをご使用になると、カカオの味が薄い甘いだけのブラウニー(?)ができあがります。

♦成型しづらい場合は、オイルを少し足してください。
水分量が増えると成型しやすくなります。油っぽくなりすぎないように入れすぎには注意しましょう。

 

 

代用可能な材料&器具

♦プルーン➡レーズン、デーツ
レーズンに代えると出来上がりがやや甘めになり、デーツに代えると更に甘く仕上がります。

♦くるみ➡アーモンド

♦カカオニブ➡使わなくてもOKです

♦ピスタチオ➡アーモンドダイス、使わなくてもOK

♦ドライラズベリー➡ドライストロベリー、使わなくてもOK

♦アルガナッティ➡米油、菜種油、オリーブオイルなど他の液体油
ゴマ油など匂いが強くないものでなければ代用可能です。

おまけ:チョコレートのラッピング♡

出来上がったブラウニーをこんな感じでラッピングしてお渡しするのもいいですね( *´艸`)

 

 

 

以上です(*^。^*)

ささっと作れて栄養満点✨

おやつにプレゼントに!ローブラウニーをぜひ作ってみてくださいね☆

 

 

Youtubeでもたくさんのレシピをご紹介✨
チャンネル登録お願いします(^o^)/

トイガルテンちゃんねる

最新情報をチェックしよう!
>トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

「アレルギー体質でも、糖質制限中でも、甘くておいしいスイーツを食べたい!」そんな願いを叶える本格スイーツレシピです。延べ600名以上にレッスンを経て、生徒さまのお声をもとにお作りしました。トイガルテンによる完全個別サポートつき。これまでお菓子教室に参加できなかった方も、ご自宅にいながらお菓子作りをお楽しみいただけます。

CTR IMG