コンセプト設定って本当に大切なの?決まらないときはどうしたらいいの?

こんばんは。
独立して3年が経ちます、低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

これまで900名以上の方にお菓子教室をさせていただいております。

「自分でもお教室を開きたい!」というお声をいただくようになったので、お教室開業に必要な内容を発信しはじめました^^

 

 

今日は、私がよくいただくご質問「コンセプト設定がしっくりいきません」について、ご回答いたします。

関連記事

こんばんは。独立して3年が経ちます、低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。 これまで900名以上の方にお菓子教室をさせていただいております。「自分でもお教室を開きたい!」というお声[…]

 

そもそも、コンセプト設定って本当に必要なのでしょうか?

 

答えは、半分 Yes で半分 No 。

その理由を、順を追って説明していきます。

 

コンセプト設定よりも大切なこと

確かにコンセプト設定は大切です。

しかし、コンセプト設定よりも大切なものがあります。

 

それは、「行動し続ける」こと。

 

 

そもそも論をお伝えすると、しっくりくるコンセプトはすぐに決まらないのはよくある話。

広告代理店に勤めていたり商品企画に関わられたりしたことがある方以外は、コンセプト設定をすること自体が初めてになるでしょう。

 

そうなると、普段の業務とは異なる思考の使い方をしていきます。

物事を多角的な視点から見たり、抽象度を上げて統合したりetc…

ここでは詳しく触れませんが、コンセプトを決めていくための頭の使い方にシフトできるまで、時間も要する人もいます。

 

特に、しっくりくるコンセプトを目指そうとした場合、よほど人生経験が豊富な人でない限りそうそう決まるものではありません。

 

コンセプトがすぐに決まらなかったとしても「そういうもの」と受け止めましょう。

 

この時に大切なことは、行動し続けること。

経験がないのであれば、多少なりとも探り探りになることは予測の範囲内です。

 

行動しながら考える習慣をつけましょう。

 

 

コンセプト設定がうまくいかない原因と具体的な解決法

ここからはコンセプト設定がうまくいかない原因と、その対処法についてご紹介していきます。

 

原因① 自分のことを理解していない

いわゆる「テーマの欠如」です。

関連記事

こんばんは。独立して3年が経ちます、低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。 これまで900名以上の方にお菓子教室をさせていただいております。「自分でもお教室を開きたい!」というお声[…]

 

自分が大切にしている価値観や理念がよく分かっていないため、それっぽいコンセプトは作れるのですが自分自身がしっくりきていない状態です。

開業することが目的になっている人や、起業塾や開業講座などで「やり方」だけ教わってコンセプトを作った人に多い気がします(;^ω^)

売り上げは作れるかもしれませんが、自分自身のテーマに沿っていないためもやもやした気持ちを抱えながらお教室運営することになりかねません。。

 

 

自分のことを理解していないときの対処法

これに関してはとってもやっかいで、コンセプトによっては売り上げを作れてしまうこともあるため「なんかおかしい…」と気が付きにくいです。

コンセプト設定の段階で「ん?」と違和感を覚えた人は素晴らしい✨

 

その「ん?」の原因と、「ん?」とならないためにはどうしたらいいかを考え、行動していきましょう。

 

とはいっても、特に若いときは自己理解も浅いと思うので、実践➡行動の繰り返しになると思います。

 

原因② 世の中のニーズが分からない

職人気質の方というか、独りよがりな方に多い傾向です。

自分が良いと感じたものを絶対視しすぎて、世の中に喜ばれるコンセプトになっていない状態です(‘Д’)

そりゃ売れません。

ひと昔前の、モノや情報それ自体が喜ばれる時代だったらそれでもよかったんですけどね…。

 

世の中のニーズが分からないときの対処法

コンセプトを設定する前に、世の中が求めているものを探りましょう。

現状分析というやつですね。

今はとっても便利なので、「 ●● 統計 」などと検索すればいろんなデータが出てきます。

 

検索以外にも、雑誌やニュースを見ていると世の中のトレンドが分かります。

現状分析をした上で、世の中が求めているものと自分がご提供できるものを合致させていきましょう。

 

原因③ 競合他社を気にしすぎ

今の時代、完全なるブルーオーシャン市場って、ほぼないのではないでしょうか。

商売を始めようとすれば、多少なりとも同業者の存在は目につくと思います。

同業者を研究することで自分のお教室の強みを探すのは素晴らしいと思いますが、比較しすぎて身動きが取れなくなる方を度々見かけます。

 

競合他社が気になるときの対処法

上を見たらきりがありません(笑)

ホームページの構成などを参考にするのであれば別ですが、同業者研究はいったん辞めにして自分の強みと向き合いましょう。

原因②の独りよがりになっているケースを除き、最終的には「テーマから一貫した自分」を確立することで同業者との差別化は図れますよ(^_-)-☆

 

原因④ 理想を掲げすぎ

原因③と少し似ていますが、理想だけ先走りしすぎて、現在の自分ではすぐに実現できないコンセプトをつくろうとしているケースです。

現在の自分には不可能なため、当然のことながら実行に移すことができません。

人の力を借りて理想を作り上げていく経営者は別ですが、個人でお教室開業をする場合、現時点の自分には実現不可能なコンセプトを掲げることはお客様満足度の低下にもつながりかねません。

 

原因④の対処法

いったんコンセプト設定から離れて、現状の自分ができることからお教室のレッスン内容を作り、実行してみましょう。

あなたが考えている以上に、世間はあなたのできることを求めています。

 

レッスンをはじめてみると、気が付くことがたくさんあります。

 

自分が良いと思っていた内容が、生徒さまにとってはどうでもいいことであったり。

自分が取るに足らないと思っていたことが、生徒さまにとても喜ばれたりして。

 

自分の勘なんて、たいして当たらないなと感じました。。

 

 

ちなみに、トイガルテンで先週アクセス数が一番多かったページは『口金を使用せず100均のしぼり袋で丸いクリームを作る方法』でした。

関連記事

こんにちは。低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。 お菓子作りを始めたばかりの方に多いのですが、 手塩に掛けて作ったケーキ♪丸いクリームを絞っ[…]

 

簡単でしょ(=゚ω゚)ノ

 

あなたが理想に掲げているものに関しては、長期的な実現プランに組み込んでください。

トライ&エラーを繰り返しながら、今のあなたにぴったりのコンセプトが見つかるはずです✨

 

まとめ:コンセプト設定のコツは考えながら行動する

以上、コンセプト設定がうまくいかない原因と対処法でした。

原因とそれぞれの対処法を下記にまとめます。

 

①自己理解不足
➡まずは行動する。行動しながら自己理解を深める。②ニーズへの不一致
➡現状分析・市場分析をする。③競合他社を意識しすぎ
➡①同様、行動しながら自己理解を深める。④理想を掲げすぎ
➡できることからはじめて実績を作る。

 

上の4つのケースを参考に、自分が前進できる策をとってみてください。

では、今日はここまで^^

 

最新情報をチェックしよう!
>トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

トイガルテンの人気レシピを動画で学ぶ

「アレルギー体質でも、糖質制限中でも、甘くておいしいスイーツを食べたい!」そんな願いを叶える本格スイーツレシピです。延べ600名以上にレッスンを経て、生徒さまのお声をもとにお作りしました。トイガルテンによる完全個別サポートつき。これまでお菓子教室に参加できなかった方も、ご自宅にいながらお菓子作りをお楽しみいただけます。

CTR IMG