低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所 トイガルテン

友人から小麦・卵不使用のケーキを依頼された時の対応方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは。
独立してもうすぐ3年が経ちます、低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

最近、

「友人のお子さんがアレルギーで、卵と小麦粉を使わないケーキを頼まれたのですが…」

とか、

「『乳製品不使用のケーキ作れませんか?』というお問い合わせをいただくのですが…」

 

「うちは普通のケーキを作っているから、アレルギー物質が混入しないか心配で…
佐藤さんはアレルギーケーキのご注文を受ける時どうしていますか?

 

というご質問を本当によくいただきます。

食物アレルギーのお子さんを持つお母さん、あるいはご本人とお話するとき気をつけていることをお伝えいたします。

 

重要事項を確認する

 

「聞く」

 

これにつきます。

というよりも、これしかないと思います<m(__)m>

 

一口に「卵アレルギー」「小麦アレルギー」とはいえ、重症度や症状、卵白は食べられるけど卵黄はダメなど、お子さんによってまったく異なります。

 

そのため、よほどのリピーターでない限り、都度確認してください。

 

下記項目は必ず確認しましょう。

 

①アレルギー物質(なにを食べてはいけないか)

②その他、気になる食材はないか

③アレルギー症状の重症度(アナフィラキシーの危険があるかないか)

④コンタミネーションについて

 

 

さらに下記項目を伝え、問題がないことをご依頼主に確認いただきましょう。

 

⑤ケーキを製造する場所のコンタミネーションの可能性

⑥ケーキの原材料について

 

それぞれの項目について、順番にご説明します。

 

一番大事:自分の状況を知ってもらう

相手について確認する前に、ご依頼くださった感謝の言葉とともに自分の状況を伝えましょう。

「アレルギー対応のケーキを初めてご依頼いただいた」とか、

「自分の周りに食物アレルギーの人がいないので対応の仕方がわからない」といったことを一言添えて、

わからないからいろいろ聞くね。」と伝えましょう。

 

この時、変に同情したりまごまごしたりする必要はありません。

そもそも同情しようにも、ケーキが食べられないご本人にしかその気持ちは分かりません。

 

「食物アレルギー」と聞くと知らないがゆえにやたらと怖がる方がいますが、症状は人によって様々です。

自分に知識がないことをお伝えした上で、相手の状況を教えてもらいましょう。

知れば怖くはなくなります。

 

①アレルギー物質(なにを食べてはいけないか)

 

「何を抜いて欲しいのか」

「何が食べられないのか」

 

ご依頼主に確認してください。

厚生労働省からアレルギー表示の対象となる27品目が出ています。

表示の義務があるもの
特定原材料7品目
えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
表示が推奨されているもの
特定原材料に準ずるもの20品目
(注:義務ではないため、含まれていても表示されないことがあります。)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

出典:独立行政法人 環境再生保全機構

 

食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかな食品を示したものですが、ここに挙げた以外の食品でアレルギー症状を発症した子がいるという事実があります。

そのため、27品目にとらわれず食べられないものを確認するようにしてください。

ナッツ類に関しては、27品目にはないピーナッツなどでアレルギー症状が出てしまう子もいます。

 

②その他、気になる食材はないか

食べられない食材以外に、食べるにあたって気になる食材がないかどうか確認しましょう。

特に小さなお子さんの場合、初めて口にするものに関しては未知数だと思っていただいて構いません。

 

ちなみに当店の通販では、商品ごとに下記のような注意事項を記載しています。

初めて口にされるものに対しては、一口から少しつづ様子を見て差し上げてください。

 

③アレルギー症状の重症度(アナフィラキシーの危険があるかないか)

アレルギー症状の重症度について確認しましょう。

特に、アナフィラキシーショックの危険があるかないかはきちんと確認してください。

 

メディカルノートでは、アナフィラキシーショックについて下記のように表現されています。

アナフィラキシーショックとは、何かしらのアレルゲンなどに対して全身性のアレルギー反応が引き起こされてしまい、血圧の低下や意識状態の悪化が出現した状態を指します。

アナフィラキシーショックが生じた際には、迅速な治療が必要です。また、一度アナフィラキシーショックを起こしたことがある方は、再度同じ原因物質に暴露されることで同じように非常に重い症状を起こすことがあります。

出典:メディカルノート

 

アナフィラキシーを起こしてしまうお子さまの場合、空気中に舞っているであろう小麦粉レベルの、少量のアレルゲンの混入に対しても慎重にならなくてはなりません。

 

そのため、この記事をお読みのあなたが普通の(卵・乳製品・小麦を使う)ケーキ屋さんだった場合、恐らくご依頼主はアナフィラキシーショックを起こしたことがない方の可能性が高いです。

とはいえ、ご依頼主が何を思ってあなたに依頼しているかは、ご依頼主ご本人しか知りませんよね(*_*)

 

ということで、「アナフィラキシーの可能性は、大丈夫ですか?」と、一言お聞きしましょう。

 

④コンタミネーションについて

カタカナが続きますが💦

コンタミネーション、略してコンタミについての確認もしてください。

コンタミとは、食品の製造過程において、原材料として使用していなかったとしても、アレルギー物質が微量に混入してしまうことです。

配送する過程で原材料に入ってしまったり、同じ製造部屋の別の場所でアレルギー物質が使用されていたり、といったことが理由で知らず知らずのうちに混入する可能性があるんですね。。

当店のケーキをお作りいただいているコシジ洋菓子店さんも、普段は卵・乳製品・小麦を使用するケーキ屋さんです。

そのため、当店の通販サイトの全ケーキのページに下記を載せています。

※製造場所のコンタミ(アレルゲンの微量混入)への配慮について※
トイガルテンでは、日替わりでアレルゲンを含む食材を使用することがあります。
原材料につきましても、一部コンタミに特定原材料27品目が含まれているものもございます。
コンタミレベルでアレルギー症状が出る方におかれましては、トイガルテンのお菓子を食べることはお控えください。

 

上記に似たような内容は、アレルギー対応ケーキ専門店でも記載してあります。

繰り返しになりますが、原材料を配達する過程でアレルギー物質が混入してしまうことも0ではないからです。

 

この記事をお読みのあなたがアレルギー対応ケーキ受注の経験が浅いのであれば、コンタミレベルで反応してしまう方に関しては販売をお断りされるべきです。

 

⑤ケーキを製造する場所のコンタミネーションの可能性

④に関係しますが、ケーキの製造現場の状況について具体的に説明して、ご依頼主に問題ないか確認してください。

 

「普段はアレルギー物質を使用しているかどうか」

「アレルギー対応ケーキを作るときは、アレルギー物質は冷蔵庫などに一切しまわれている状態か」

「器具はきちんと洗浄しているか」

など、お伝えしてください。

 

コンタミの心配がない方であれば、「普段は卵・乳製品・小麦を使ったケーキを作っているよ」とお伝えするだけで「大丈夫だよ」といった返事が返ってきます。

そうではない方の場合は、製造場所の状況をよくよくお伝えしてください。

場合によってはお断りすることも大切です。

 

⑥ケーキの原材料について

ケーキをお渡しするタイミングで、ケーキに使われているすべての原材料を明示しましょう。

原材料がしっかりと表示されていれば、ご依頼主に原材料を確認いただいてからお召し上がりいただけます。

 

 

トイガルテンの場合

当然のことながら、当店のレッスンは食物アレルギー体質のお子さんのお母さんや、ご本人に参加いただくことも多いです。

初めてご参加いただいた方の場合は、必ずアレルギー物質とコンタミについて確認をしています。

 

ご参加前に問い合わせなくいらしていただいている方の場合は、99%、コンタミなどに関しても問題ないことは分かってはいるものの必ずお伺いします。

万が一の事故を防ぐためです。

 

なんの問題がないことがわかれば、あとは楽しくお菓子作りに集中できます(*’ω’*)✨

 

まとめ:分からないことはすべて確認

以上、食物アレルギーの方からケーキをご依頼いただいた際の対応についてお伝えいたしました。

 

食物アレルギーの症状は、1人1人異なります。

 

しっかり確認されるのも、人によっては感謝されるかもしれないし、またある人によってはイライラされるかもしれません。

 

とはいっても、私自身がそうですが、食物アレルギーでもなんでもない人が知っていること・できることは限られています。

 

「あなたの期待に応えられたらいいのだけれど…教えて」という姿勢で、いろいろ教えてもらいましょう✨

 

ご参考いただけましたら幸いです^^

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください