低アレルゲン&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

アレルギー対応お菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ

アレルギー対応のお菓子、本のレシピ通りに作ってもおいしくできないんです。。。

 
  2018/03/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動し中。 これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。 日本全国どこにいても、お菓子作りの経験がない人でも、おいしいアレルギー対応お菓子が作れるようになるレシピを絶賛販売中。
詳しいプロフィールはこちら

14199607_659294697555585_3866734116090397504_n

 

こんにちは。
トイガルテンの佐藤絵里です。

今日は久しぶりに、日中にゆっくりとしながら文章を綴っています。

自宅の隣がトイガルテンの工房になので、お菓子を作ろうかとも思いましたが、準備はできているので夕方から取り掛かることにしました(*´ω`*)

 

さて、今日は、私がよくいただくご質問について、私の意見を述べていきたいと思います。

 

1つ目のご質問は、、、

「マクロビやアレルギー対応の本を買って、レシピ通りに作ってもうまく作れないんです(´・ω・`)」というもの。

 

アレルギーのお子さんをお持ちのお母さんたちは、「もともとお菓子作りをしなかったけれども、お子さんのためにお菓子を作るようになった」という方がたくさんいらっしゃいます。

余談ですが、
私の母は、食事は手作りのものをすごく作ってくれて、もちろんそれだけでも感謝しているのですが、お菓子はホットケーキとかバターをこねて作るクッキー(?)しか作らない母でした。欲を言うと、「お母さんとお菓子づくりとかできたら楽しかっただろうに」と、今でも思います(笑)
なので、こんなこと言うと怒られるかもしれませんが、アレルギーのお子さんが時々うらやましく感じることがあります。

 

話を戻しますが、
「本通りに作ったのにおいしいお菓子が作れない!」という方へ。

 

私も本通りに作ってもおいしく作れないことが多々あります(笑)

 

それで、理由を考えてみました。

 

①そもそもおいしいお菓子レシピではない。
いろんなパティシエさんや、料理研究家(?)さん、そして、食関連の資格をたくさん持っている方々とお会いしてきて感じるのですが、「お菓子作りの技術や知識がどれだけあっても、おいしいお菓子を認識する味覚がなければおいしいものは作れない」んです。

動物性食品不使用のお菓子や、グルテンフリー、アレルギー対応お菓子の歴史(?)はまだまだ浅いです。
そんなお菓子が作れるだけでも「え?!なにそれ!どうやって作るんですか?!」と、珍しがられるレベルなので、そっちの方面でのおいしいお菓子レシピはまだまだ少ないんじゃないのかな、というのが正直な印象です。
私自身も、いろんな方のレシピ本を活用してお菓子を作ったこともありましたが、「おいしい!」と思えたレシピはとても少なかったんです~(´・ω・`)

 

②使用する材料の種類がレシピのものと微妙に異なる
特に米粉を使用したお菓子の場合には顕著に出るので、米粉を例にお話します。
小麦粉もそうですが、米粉はとれたお米の産地、品種、粒子の細かさなどで、性質がかなり異なってきます。
もし、米粉が2種類以上手に入ることがあれば、同じ分量の米粉をそれぞれお皿にとって、同じ分量の水をそれぞれ加えてみてください。水分の吸収量がかなり異なります。

親切なレシピ本であれば、どの米粉を使用しているかも書いてくれてありますが、そうでなければ「米粉の種類によって水分を調節してください」とか、あるいは米粉についての記載がまったく無いということもあります。

ちなみにトイガルテンは、基本的には製菓用のミズホチカラという熊本県産の米粉を使用しています。
今まで試してきた米粉の中で、これがスポンジケーキを焼くのに一番ふわふわするんです(*´ω`*)

ちなみに、米粉には製菓用と製パン用とあるので、お菓子を作るときは製菓用を使用することをおすすめします。
製菓用のほうが粒子が細かく、ふわふわに仕上がりやすいんです!
生パン用を使うと、スポンジを焼いたはずなのにういろうのようなお菓子ができあがってしまいます。。。

 

③レシピ通りに作っていない
アレルギー対応お菓子でよく見受けられるのが、「入手するのが難しいから、ある材料だけ入れていない。」というものです。
ご家庭で手軽に作れるようにアレンジすることはとても大事だと思いますが、慣れないうちは基本のレシピに忠実に作ることをおすすめします。

小麦粉や乳製品を使用したお菓子だと、「混ぜすぎ」や「触りすぎ」による失敗もあります。
これは、小麦粉のグルテンの影響や、乳脂肪分によりおこるケースが多いので、それらが入っていないアレルギー対応お菓子は、技術的な失敗は比較的少なくなります。

 

④レシピ本に大事な手順が記載されていない
意外に、あるんです。
レシピを書く、あるいは作っているのは、その分野に詳しい方々なので、初心者の方が分からないような工程やポイントをすっ飛ばしているケースがあります。

 

以上、私が考える「レシピ通りに作ってもおいしく作れない理由」4点でした!

お菓子を作る際の参考にしてください( *´艸`)

 

トイガルテンでも随時レシピを公開していきますが、無料で閲覧できるものは「きわめて失敗が少ないレシピ」にしてあります。

ちょっと難しいものにチャレンジいただいて、「おいしくない(;´Д`)」と思われてしまっては残念なので、そのようなお菓子レシピの公開にあたっては、分からない点をスカイプやメールで問い合わせができるなど、仕組みを作りたいと考えています。

 

【横浜 トイガルテン工房開催】アレルギー対応&糖質制限スイーツ講座
http://toy-garten.com/lesson2016-6-8
 
【池袋 コミュニティカレッジ開催】アレルギー対応スイーツ講座
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_767866.html
 
ケーキをお買い上げになる方はこちら
http://toy-garten.com/shopping

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動し中。 これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。 日本全国どこにいても、お菓子作りの経験がない人でも、おいしいアレルギー対応お菓子が作れるようになるレシピを絶賛販売中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください