低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所 トイガルテン

低アレルゲンのお菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ

●●(マクロビ、ロー、ベジ、アレルギー対応、糖質制限)スイーツの本質を考えてみる

 
  2018/03/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは。
アレルギー対応&糖質制限のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

今日は、私が考える「お菓子」の本質について綴ります。

 

トイガルテンは5月に高田馬場から横浜市に移転してきましたが、ありがたいことに移転後のレッスンに遠方からご参加いただいたり、通販のケーキをお買い上げいただいたり、とても嬉しいです(*´ω`*)

 

皆さまいつもありがとうございます!

 

ただ、一方で、心の中でずっともやもやがあって、、、

それで、なんとなく、お菓子教室の様子や、出荷するケーキについて綴ることに後ろめたさを感じてきました。
その、「もやもや」の原因が分かったので、私自身の備忘録としてもここに綴ります。

 

上手く説明しづらいのですが、、、

 

一言で言うと

 

「言葉に引っ張られた」

 

という感じです(*_*;

 

具体的には、
「アレルギー対応」「糖質制限」「グルテンフリー」「身体に優しい」という言葉に引っ張られすぎてしまい、私「佐藤絵里」の考えに則ったお菓子レッスン(講座)の組み方がなされていなかったんだと、気が付きました。

 

 

お菓子は嗜好品?必需品?で綴りましたが、私自身は、アレルギー体質の方や糖尿病などを患っている方に対しても、お菓子は嗜好品であって欲しいと考えています。

 

とはいえ、こうやってWeb上に言葉を綴って生徒さん集めをしていると、どうしても「ダイエット~」とか「グルテンフリー」とか、「マクロビ」とか「身体に優しい」といった言葉を使いたくなるんですよね(´・ω・`)

 

誤解のないようにお伝えしますが、
上記の言葉を使用することが悪いとは決して思いません。

 

ただ、ここのお菓子教室のケーキを食べると「キレイになる」とか「痩せる」とか「健康的な生活が送れる」とか、そういった誤解を招くような言葉を使い過ぎた文章で生徒さんを集めたくはないなと、思いました。

 

実際のところ、私自身アレルギー対応お菓子を作っている職業柄、ゆるグルテンフリー生活になって便秘が解消されましたし、痩せた、という事実もあるのですが、、、

 

 

それはお菓子のおかげというよりも、これまで食べていた洋菓子がトイガルテンのお菓子になったことで単純に摂取カロリーが減ったとか、私の体質に小麦粉が合っていなかったとか、そういう事実があるので、、、

そういったカラクリ(?)的なことも講座でお伝えしていく予定です。

 

マクロビやロースイーツ、ベジスイーツが流行ってはいますが、どれだけ身体に良い食品を使用しても、お菓子は「嗜好品」
本当に「痩せたい」「健康になりたい」のであれば、ぶっちゃけお菓子なんて食べないほうがいいんですw

 

じゃあ、なぜ人間はお菓子を食べるのか?

 

それは、ブログでも綴ったように、「コミュニケーション」をとったり「場を和ませる」ためだと、私は考えています。
だから、トイガルテンのお菓子はアレルギー対応だろうと糖質制限だろうと、「おいしい」「かわいい」が必須なんです。

 

これまで3000個以上もの洋菓子を食べてきた味覚を生かして、「アレルギーや糖尿病で、なかなか食べられないものが食べられるだけでも嬉しい」以上のおいしさを実現させたケーキを作っています^^

 

と、いうような想いが私にはあるのですが、人が集まりやすい言葉に引っ張られてしまって、、、
※ご興味をもっていただきやすい言葉を使うのは、悪いことじゃないんですけどね。

 

でも、言葉にとらわれすぎると、物事の本質とか、個人個人が大切にしていることとか、見えなくなっちゃうことがあるんだなって、最近になって思いました。

 

それで、キレイな言葉を使うことも大切ですが、これからはもっと「佐藤絵里」の考えていることも綴っていこうと、決めたワケです(*´ω`*)

 

 

ちなみに、お菓子教室の雰囲気って、先生によって全く違いますよね。

トイガルテンの教室は、オシャレな雰囲気は少なくて、「The 現場!」という感じかもしれないです。。。
※ガチの製造現場のような、力仕事や立ちっぱなしといったことは全くありませんので、ご安心ください(笑)

 

ちなみに、10月からは西武池袋のコミュニティカレッジでもレッスンをさせていただくことになったのですが、、、

★技術を確実に身に着けたい方は、少人数での横浜工房での講座
★単発で参加して、大人数でわいわいと作りたい方は池袋コミュニティカレッジでの講座

といった感じでおススメをしています。
話がいろいろな方向へ行きましたが💦

私が考えるお菓子は「嗜好品」かつ「コミュニケーションツール」です。

 

だから、アレルギー対応や糖質制限であることはもちろんなのですが、普通の洋菓子以上においしいものをこれからもこだわって作っていこうと考えています。

 

そして、私の考えやありたい方向性が決まったところで講座もリニューアルしました!

トイガルテンのお菓子が作れるようになるのはもちろん、生徒さんご自身でオリジナルのアレルギー対応お菓子レシピが作れるようになるカリキュラムにしています。

せっかくレッスンにお越しいただくので、トイガルテンのレシピを確実に習得していただきたいです( *´艸`)

 

 

おいしいアレルギー対応ケーキ、たくさん世の中に広まれ♪

 

 

【横浜 トイガルテン工房開催】アレルギー対応&糖質制限スイーツ講座
http://toy-garten.com/lesson2016-6-8
 

【池袋 コミュニティカレッジ開催】アレルギー対応スイーツ講座
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_767702.html 

ケーキをお買い上げになる方はこちら
http://toy-garten.com/shopping

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください