低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所 トイガルテン

低アレルゲンのお菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ

低アレルゲンお菓子作りによく使う材料6選

 
  2018/11/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所トイガルテンの佐藤絵里です。

 


「食物アレルギーの子供のために手作りお菓子にチャレンジ!!」


そう思ってレシピ本を開いたはいいものの、、、

 

「え!?何この材料・・・!?」

「こんな材料知らない!」

 

なんてことありませんか?

 

「米粉1つとってもいろんな種類があって、どれを選べばいいかわからない(´;ω;`)」

 

そんなお声をよく聞きます。

 

そんな方のために、アレルギー対応お菓子を作るうえでよく使う材料をご紹介いたします^^

 

 

かなりの頻度で使う材料

 

最初に、低アレルゲンのお菓子を作りに毎回といっていいほど使用する材料についてお話します。

ぜひそろえてみてください♪

 

①米粉


小麦粉の代わりに使用することが多いです。


「米粉のお菓子は難しい!」

と思われがちですが、その理由の1つは米粉の種類が多いから。

 

 

お菓子作りには「製菓用」米粉を選んでくださいね(^u^)

トイガルテンのお菓子レシピでは、「米の粉」を使用しています。

米の粉 お徳用 1kg

米の粉 お徳用 1kg

605円(12/15 00:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

お値段がリーズナブルな上に使用感も良いので、私はamazonで定期的購入をしています✨

 

 

②豆乳


牛乳の代わりに使用したり、豆乳でメレンゲを作ったりする際に使用しています。


甘味料などで飲みやすく味を調えられた「調整豆乳」と何も添加されていない「成分無調整豆乳」がありますが、お菓子作りの時は「成分無調整豆乳」のほうが甘味料の量の調整がしやすいです。

 

また、パッケージの成分表示を見ると「大豆固形成分」という表記があります。

このパーセンテージが高いほどタンパク質が多いということになりますが、私のおすすめは大豆固形成分「10%」の豆乳です。

10%だとメレンゲを作る際の泡立ちが良いのに加え、スポンジ生地もふんわりと仕上がりやすいです✨

 

以前は「スゴイダイズ」という豆乳をよく使用していましたが、最近ではスジャータの「豆腐もできます 有機豆乳」を使用しています。

 

 

 

③ベーキングパウダー

 

スポンジ生地を膨らませるために使用します。

 

小麦由来の澱粉(でんぷん)を使用したものもあるため、小麦アレルギーの方は原材料表示を確認してからお買い求めください。

安全性の面から、アルミフリーのものがおすすめ(^u^)

 

私がよく使うのはラムフォードと、冨澤商店のベーキングパウダーです♪




 

 

できればそろえていただきたいもの

 

ここからはできればそろえていただきたいものをご紹介いたします。

普通のお菓子作りの材料で作ることも可能ですが…

可能であればこれからご紹介する材料をお使いいただきたいです^^

 

④きび糖などの甘味料

 

白砂糖よりもミネラルを多く含んでおり、口当たりまろやかな甘味料です。

基本的にきび糖がどのお菓子にも使いやすいです♪

 

もし揃えるのが難しければ、その他に甜菜(てんさい)糖やココナッツシュガーでも代用いただけます。

栄養価が高く、血糖値の上昇も白砂糖と比べてゆるやかなのでおすすめですよ(^u^)

 

カップ印 きび砂糖 750g

カップ印 きび砂糖 750g

312円(12/14 22:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
てんさい糖 650g

てんさい糖 650g

400円(12/14 22:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
ココナッツシュガー 1kg

ココナッツシュガー 1kg

1,912円(12/14 22:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

甜菜糖やココナッツシュガーはきび糖に比べて溶けづらいため、あらかじめ液体類とよく混ぜ合わせ溶かしておくことがポイントです。

 

⑤菜種油、米油


バターなどの油脂の代わりに使用します。


サラダ油でも代用可能ですが、一番しぼりの菜種油や米油は不純物が含まれていないません。

 

そのため、アレルギーっ子のお母さんたちにも安心してお使いいただけるものとなっています。


 

⑥片栗粉


片栗粉は米粉と組み合わせて使用することが多いです。

生地同士をしっかりと固定する働きがあるので、グルテンフリーの生地をしっかりしたものにしてくれます。


コーンスターチでも代用可能ですが、日本に出回っているトウモロコシ製品の9割が遺伝子組み換えのトウモロコシで作られています。

 

そのため、当店ではよほどのことがない限りコーンスターチではなく片栗粉を使用しています。


 

⑦アーモンドパウダー

 

小麦粉の代わりや、ケーキをより深みのあるリッチな味わいにするために使用しています。


アーモンドパウダーには「皮つき」と「皮なし」があり、どちらを使用しても大きな差はありません。

仕上がりに関しては、「皮つき」の場合は完成時にやや色味が出ます。

お好みでお選びください^^

 

ちなみに、当店では基本的に「皮なし」のアーモンドパウダーを使用しています。

 

 

購入するとちょっとお高いアーモンドパウダ―ですが、自分で作ることも可能です✨



 

 

まとめ:低アレルゲンお菓子作りにそろえておきたい材料はこれ!

 

最後に低アレルゲンお菓子作りに役立つ材料をまとめます。

 

かなりの頻度で使う材料

①米粉
②豆乳
③ベーキングパウダー

 

できればそろえていただきたいもの

④きび糖などの甘味料
⑤菜種油、米油
⑥片栗粉
⑦アーモンドパウダ―

 


こちらの7種類の材料がそろっていれば、クッキーもスポンジケーキも基本なんでも作れちゃいます!

 

スーパーの店頭で手に入るものも多いので、ぜひ少しずつ揃えてみてください^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください