低アレルゲン&低糖質のお菓子研究所 トイガルテン

低アレルゲンのお菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ

ミネラルたっぷりで血糖値の上昇が緩やか♪ココナッツシュガーの話

 
  2018/09/20
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

 

 

 

こんばんは。

写真は以前作ったリンゴのシブーストです。

 

 

 

ブログに載せたところ
「色合いが秋冬っぽいですね♪」

 

というコメントをいただきました。

 

 

 

このシブーストが全体的に茶色い理由。

 

 

 

それは、
白砂糖の代わりにココナッツシュガーを使用しているためです。

 

 

o0800060013508016440

 

 

ココナッツシュガーとは、
ココナッツの木にできた花の蜜を集め、煮詰めて乾燥させたもの。
ココナッツの味や香りはまったくせず、キャラメルのような味・香りがします^^
お料理に使ったら味に深みが出ます♪

 
このココナッツシュガー。
なんと、GI値が35!

 

 

 

 

天然甘味料の中では血糖値の上昇スピードが緩やかなので、摂取しても脂肪が付きにくいんです。

※ちなみに上白糖(一般的な白砂糖)のGI値は109。
GI値の数値が高いほど、血糖値の上昇は速いです。

 

 

 

ココナッツシュガーのすごさはそれだけではありません。
ビタミン・ミネラル・アミノ酸・カリウム・マグネシウム・亜鉛・鉄などの栄養素を豊富に含んでいます(*’▽’)♪

 

 

GI値の低さと栄養素が豊富に含まれているということで、世界的にも注目を集めています。

 

 

 

 

 

 

そ~んな素敵なココナッツシュガーですが、お菓子作りに使う際の注意点を1つ。

 

 

よく溶かしてから使ってください(^^)/

 

 

 

白砂糖と違って、 ミネラル分が多いお砂糖は水分に溶けにくいんです。

 

 

そのため、
ココナッツシュガーを白砂糖と同じ要領で混ぜて次の工程に進むと、溶け切らないままになってしまいます(´・ω・`)

 

 

これはココナッツシュガーだけではなく、
きび糖や甜菜糖などミネラルを多く含んだ顆粒甘味料に共通して言えることなので、ご参考くださいね。

美味しくて栄養たっぷりのココナッツシュガー。
普通の甘味料に飽きてしまった人はぜひぜひ使ってみてください(^u^)

 

 

…あ、とはいえ、もちろん摂りすぎは禁物ですよ(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください