低アレルゲン&低糖質のお菓子教室 トイガルテン

身体にいいと勘違いされがちな三温糖ができるまで

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキをが大好きで、これまで食べてきたケーキは3000個以上。 国立大学を首席で卒業したものの社会に適応できず(笑) 製薬会社➡洋菓子店➡人材紹介会社➡適応障害になり退職。 やけくそになって水商売の世界に飛び込んだところ適応障害が改善し、元気になったタイミングでアレルギー対応お菓子トイガルテンを立ち上げる。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

健康志向の高い方には周知されていることで、「茶色い食べ物は身体に良い」というものがあります。

事実、「白米よりも玄米」「白砂糖よりもきび糖」のほうが栄養価が高いことは、多くの方がご存知かもしれません。

 

そんな理由もあって、スーパーで白砂糖の隣に並んでいる茶色いお砂糖「三温糖」を、健康のために使用されている方がいらっしゃいますが、、

 

白砂糖と三温糖

白砂糖と三温糖

 

 

ちょっと待って!

 

「三温糖」は身体にいいわけではありません!( ゚Д゚)

 

三温糖が身体によくない理由と代替食材をご紹介いたします。

 

三温糖は白砂糖と同じ?!

結論をお伝えすると、三温糖の栄養価は白砂糖とほとんど変わりません。

「栄養価が高い」と思って使用している方は、今すぐやめましょう(=゚ω゚)ノ

 

「じゃあどうして三温糖は茶色いの?」と思われた方へ。

 

三温糖の色の秘密は、その製造方法に起因します。

※動画でご説明していますが、読んで理解されたい方に向けて文字でもご紹介しています。

 

 

「三温糖」の名前の由来ですが、その字のごとく「白いお砂糖を3回煮詰めて作られる」です。

正確には「白砂糖を作ったときに残る糖液をさらに煮詰めて作られている」そうなのですが、、、

要は「白砂糖をさらに煮詰めただけ」ということです。

 

そんな作られ方をしているため、当然のことながら白砂糖と三温糖の栄養価は変わりません。

 

私自身 一人暮らしを始めたばかりの頃、茶色くて栄養がありそうだという理由で三温糖を選んでいましたが、その製造過程を知ってから購入するのはやめました(‘Д’)

 

三温糖は和食にぴったり

栄養価は白砂糖とほぼ同じですが、白砂糖とまったく同じであれば店頭には並びません。

 

三温糖の香ばしい香りは和食との相性が抜群で、照り焼きや煮物、麺つゆなんかに使われています^^

きな粉ともよく合うのできな粉餅に使われていますし、蒸しパンやクッキーにも使われています。

 

三温糖の代わりにはきび糖・黒糖・甜菜糖

この記事をお読みのあなたが、「家では常に栄養価が高めのお砂糖を使いたい」とお考えの場合。

三温糖の代わりに「きび糖」や「黒糖」「甜菜糖」をオススメします(*’ω’*)

 

きび糖

きび糖

 

お菓子レッスンでも再三お伝えしているように、きび糖も・黒糖・甜菜糖は白砂糖よりも栄養価が高いです。

きび糖は、白砂糖を精製する前のお砂糖なのでお米でいう玄米みたいな感じ。

きび糖の色味は、ミネラルを含有しているが故の茶色です。

 

きび糖を煮詰めると黒糖になります。

きび糖はコクがあるさらっとした甘さで、黒糖はきび糖に香ばしさをプラスした感じです。

 

甜菜糖は、サトウキビから作られる白砂糖やきび糖と異なり、北海道にある甜菜(砂糖大根)から作られたお砂糖です。

暑いところで育つサトウキビと比べ、北海道で作られた甜菜糖は身体を温める作用があると考えられています。

ミネラルに加え、オリゴ糖を有しているので腸内環境の改善が期待できます。

食事になじみやすい優しい甘さでどんなお料理にも合いますが、甘さをがっつり出したいスイーツには不向きです。

 

まとめ:用途に合わせて楽しいお砂糖選びを

以上、三温糖の作られ方と代わりになるお砂糖についてまとめます!

 

①三温糖は白砂糖を煮詰めたもので、栄養価は白砂糖とほぼ同じ。

②三温糖は独特の香ばしさがあり、和食や蒸しパンにぴったり。

③三温糖の代替には「きび糖」「黒糖」「甜菜糖」を。

 

お砂糖選びの参考にしてください(*^▽^*)

 

では、今日はこれで♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキをが大好きで、これまで食べてきたケーキは3000個以上。 国立大学を首席で卒業したものの社会に適応できず(笑) 製薬会社➡洋菓子店➡人材紹介会社➡適応障害になり退職。 やけくそになって水商売の世界に飛び込んだところ適応障害が改善し、元気になったタイミングでアレルギー対応お菓子トイガルテンを立ち上げる。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

お問合わせはLINE@へどうぞ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください