世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

100円ショップダイソーのゴムベラがめっちゃ便利!

 
  2018/05/09
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。
世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さんトイガルテンの佐藤絵里です。

私もなにかとよく利用する100円ショップ。
ダイソーとセリアがお気になのですが、最近は各社お料理道具も充実してきていますよね(^^♪

特にラッピンググッズなんかは100円ショップでも結構しっかりしたものがそろう印象です。

 

100円ショップダイソーで見つけたコスパのいいゴムベラ

 

さっそくですが、こちらの動画に映っているゴムベラになります。

写真の生チョコタルトを作るのに使ってみました✨

 

 

 

こんな感じで、パステルカラーのかわいらしいゴムベラです✨

見た目はかわいさだけではなく、実は、プロが使用するゴムベラに形がとっても似ているんですね~。

そんなこともあって、見た瞬間「とりあえず買って使ってみよ~(*´▽`*)」と思ったんですね。

 

ダイソーのゴムベラのメリットとデメリット

 

★メリット
・100円という安さ
・形がプロ仕様のものに似ていて、使いやすい。
・つなぎ目がなく清潔に保てる。

★デメリット
・熱に弱く、フライパンや鍋に接すると溶けてしまう
・若干、頭の端(ボールに接する部分)が柔らかいので、あんまり硬い材料を混ぜるのには使いづらい。
・ものによっては「バリ」が見られる。

 

バリというのは、道具を作るために「切断」や「切削」のしたときに生じるささくれみたいなものです。
ゴムベラに限らず、100円ショップのものって、ちょっと素材がでっぱっているものがあったりしませんか?
高価なものであれば、「バリ」はやすりなんかで除去されるのですが、100均クオリティだとそうもいかないのかもしれません。

バリが見られると、お菓子への異物混入が心配されます。
ただ、私個人的にはダイソーのゴムベラのバリに関しては、自宅で作る分には問題ないという印象でした。

 

ゴムベラはつなぎ目がないものがおススメ

 

トイガルテンでは、ゴムベラはつなぎ目がないものをおすすめしています(*‘∀‘)
つなぎ目があると、何度も使っているうちに頭と柄の結合部分が緩くなり、そこから水が入り込んでカビが生えてしまうんですよね💦

 

ご参考までに。
↓つなぎ目あるやつ↓↓↓

 

しっかりした耐熱性かつつなぎ目のないゴムベラをお探しの方はcottaで購入できますが、「まずは手軽にお菓子作りをしてみたい!」という方はダイソーをのぞいてみてください^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA