世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子教室 トイガルテン

アレルギー対応お菓子作りのコツが満載!トイガルテン公式メルマガ

乳製品不使用のお菓子作りに♬ココナッツオイル活用術

 
  2018/05/18
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動し中。 これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。 日本全国どこにいても、お菓子作りの経験がない人でも、おいしいアレルギー対応お菓子が作れるようになるレシピを絶賛販売中。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは。
アレルギー対応&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

写真は今月の池袋コミュニティカレッジでのレッスンで作る「レモンとライムのフレッシュタルト」です♪

 

こちらのタルト、ほとんど火を使わないで作るのでと~っても簡単にできちゃいます!

もちろん、卵・乳製品・小麦粉は使用していません^^

 

 

今回は、写真のタルト生地に使用されているココナッツオイルの活用術をお伝えいたします。

 

ココナッツオイルといえば、栄養価が高いことでも知られていますが、お菓子作りにもとっても役立つ材料なんですよ✨
上手く使えば、写真のようなタルト台や、材料を混ぜて丸めるだけのロースイーツだって簡単に作れます。

 

 

ココナッツオイルを上手く使うポイントは温度。

 

今の時期のように室温が暑いときは、ココナッツオイルは溶けた状態で置かれているでしょう。

 

ココナツオイル1-300x278

 

溶けた状態であればもちろん液状なので、そのまま取り分けて使用することができます^^

 

が、25度以下の環境になるとこんなふうに白く固まってしまうんです( ゚Д゚)

 

 

固まってしまった場合、お菓子作りには1度湯せんをして溶かしてから使用するケースが多いです💦

品種には問題ありませんが、ちょこっとだけ手間ですね(笑)

 

 

が、このココナッツオイルの25度以下で固まる性質が、と~っても役に立っているんです✨

 

タルト台を火を使わずに作れる理由は、砕いたナッツ類とココナッツオイルを混ぜて冷やすことによって固めていますし、、、

ローチョコレートだって同じように、材料とココナッツオイルを混ぜて固めて簡単にできちゃいます♬

 

 

レッスンではこの性質を使って使わずに仕上げていきます✨

ご参加される皆さま、ぜひお楽しみくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動し中。 これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。 日本全国どこにいても、お菓子作りの経験がない人でも、おいしいアレルギー対応お菓子が作れるようになるレシピを絶賛販売中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.