世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

子供の幸せを願う大人こそ幸せにならなければならない理由

 
  2018/03/19
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。
世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さんトイガルテンの佐藤絵里です。

ふと、知人とメッセンジャーのやりとりをしていて気がついたことがあったのでちょっとここに書こうと思いました^^

タイトル通り、『子供の幸せを願う大人こそ幸せにならなければならない』理由についてです

子供がいる大人に限らず、経営者やマネージャーのかたにも当てはまる内容だと思います。

 

あなたは今、幸せですか?

 

突然ですが、これをお読みのあなたは幸せでしょうか?

「幸せです!」と胸を張って言えるかたは、今よりもっと幸せになって周りももっと幸せにしてください^^

「これから幸せになります」「人並みには…」「幸せではありません」というかたは、下でご紹介している「幸せになる方法」を実践いただけましたら幸いです。

 

国際連合が発表した2016年「世界幸福リポート」によると、日本の幸福度は世界157か国中54位でした(;´∀`)

このランキングのつけ方ですが、「調査対象者に対し、今の生活のクオリティを10点満点で評価してもらう」という、主観的な方法だそうです。

【2016年 世界幸福度リポート】
順位/国名/指数
1位   デンマーク 7.526
2位     スイス 7.509
3位  アイスランド 7.501

13位    アメリカ 7.104

33位      タイ 6.474
34位      台湾 6.379

53位      日本 5.921

57位      韓国 5.835

83位      中国 5.245

157位   ブルンジ 2.905(最下位)
※出典:国連「世界幸福度リポート」

 

経済大国で、ほとんどの国民が不自由なく過ごせているはずなのに、なぜ上記のような結果になったのでしょうか?

 

他人と比較する日本人。大多数に合わせたがる日本人。

 

上記の幸福リポートの結果ですが、日本人の「中間が安心する」「周りと比較してしまう」という国民性(?)が関係しているのではないかと考えております。

10段階中なんとなく5~8を選んでしまう人が多いというやつですね(笑)

さらに、モノや情報があふれ返っている中で、「他人の幸せ」と「自分の幸せ」を混同してしまっている人も多いのではないのでしょうか?

あれも欲しいこれもしたいってやつですね( ;∀;)
ただ、それが「本当に自分が心から望んでいることか?」というと、「実はそうでもない」ということもしばしばあります。。。

 

モノも、情報も、人も、、、
得ようと思えば得られる世の中で、いろんなものを手に入れようとして大切なものをないがしろにしている人がたくさんいるような気がしてなりません。。

 

お金や地位が得られれば自分も家族も幸せにできる?

 

ありがたいことに、独立してからいろんな人とお会いする機会をいただきました。

その中には、世間的に高い地位を築いたり、●千万円の年収を稼いでいたり、素敵なところに住んでいる方もたくさんいらっしゃいました。

 

そんな方々の全員が幸せかと言うと、そうでもなかったんです。。。

お仕事ではうまくいっていたとしても、家族との関係や従業員との関係が悪かったり、自分のコンプレックスを隠すように仕事に必死になったり。。。

 

私の年収は微々たるものですし、お金はもちろんたくさんあるに越したことはありませんが(笑)
「たくさんのお金や素敵なお家を手に入れたとしても、幸せになることはできないのか、、、」と、なんだかむなしくなったことを覚えています。

 

気がつかないうちに自分を傷つける行為

 

どうして、たくさんのお金があっても幸せになれないのでしょう。

 

「幸せじゃない」と感じる理由は人によって様々ですが、どんな人にも共通する自分を傷つける行為が2つあります。

1つ目は、自分で自分を受け入れてあげないこと。

2つ目は、自分の身近な家族や従業員をないがしろにしてしまうこと。

 

自分で自分を受け入れられない。大切にできない。

容姿・能力に始まり、交友関係や趣味嗜好など様々な要素が入ってきます。

人間、ないものねだりなもので(笑)、自分にないものって惹かれてしまうんですね~。

ちなみに、それは決して悪いことではありません。
他人を「いいな~」と思うということは、言い換えれば「他人の良さを見つけるのが上手」ということなので^^

「自分の悪いところばかりが気になること」が問題なんです。

 

「仕事自体が好きすぎて眠る時間が惜しい」という人は別として(笑)
休息する時間や好きなことをする時間を取らないことも自分を傷つける行為に繋がります。

 

「仕事が好き!」かどうかは、仕事に対して「楽しんでいる」「追われている」のどちらの感覚を持って取り組んでいるか、自分に問いかけてみれば分かります。

 

仕事に「追われている」感覚の人は、仕事自体が好きなわけではなく、お金や肩書、周囲の目、将来への不安など、なんらかの理由があってその仕事をしているはずです。

 

私自身、「ありのままの自分を受け入れることが大切」ということ自体は以前から知っていました。
ただ、本当の意味で自分を受け入れられるようになったのは、本当に最近の、2017年の末ぐらいのことです。

自分自身がコンプレックスに感じていたところを挙げるとキリがありません(笑)
長くなるので割愛しますが、そのうちブログに書くかもです(´з`)

 

家族や従業員をないがしろにしてしまう

いつも一緒にいるとなんとなく意思疎通できている気になってしまい、そのうちに実は意思疎通できなくなってしまうパターンです(笑)

夫婦関係で言えば結婚する前とか、従業員で言えば入社前とか、、、
それまでは「他人」と認識していたはずなのに、共に行動するようになるにつれ「所有物」という意識に変わってしまい、自分のいいように扱ってしまうんですね~。

 

「家族のために働いている」というお父さんと「もっと一緒の時間が欲しい」というお母さんと子供たち。

これ関してはみんなで話し合って折り合いを付けましょう(笑)

 

ただ、「家族のため」とか「会社のため」を盾にして家族と向き合うことを避けている人も多いような気がします。

 

従業員に対しても同じく。

「世の中のため」「お客様のため」と言いつつ、従業員の成長の機会を奪ってしまったり長時間労働を強いたり…。

 

私自身は長時間労働自体がNGだとは思っていませんが、経営者の仕事の1つは、従業員を幸せにする仕組みを考え構築することだと考えています。

 

身近な人を傷つけて1番傷つくのは自分自身

身近な人に限らず、他人を傷つけたり寂しい思いをさせたりしていると、実は自分が1番傷つきます。

昨年、アチーブメントという人材教育の会社の研修を受けた時にはっきりと気が付いた瞬間があったのですが、、、

「なんで今まで気がかなかったんだろう!」と、衝撃を受けたほどです(笑)

 

人に暴言はいたり、物をぞんざいに扱ったりすると、実は同じことが自分に返っているんですね~。

「類は友を呼ぶ」といいますが、人と丁寧に接する人の周りには、同じように人と丁寧に接する人が集まってきます✨

 

まだまだ日本人の大半が「組織(国や会社)、あるいはお客様のために自分を犠牲にする」ことを美徳と考えているところがある気がします。

自分が属するコミュニティに目を向けることはとても大切です。
ただ、自分が幸せになることを差し置いて組織に尽くす人の周りに、話して幸せな人が集まるのでしょうか。。。

 

周りを幸せにしたいのであれば、まずは自分が幸せになる

 

「類は友を呼ぶ」ということわざ通り、自分の子供や周りの人を幸せにしたのであれば、まずは自分が幸せにならなくてはなりません。

自分が幸せであれば、家族も幸せになる。従業員も幸せになる。お客様も幸せになる。

私個人的には、幸せになることは「権利」ではなく「義務」だと考えています。

 

自慢ではありませんが(笑)、以前からトイガルテンの生徒さまは幸せな方が多いです✨
特に夫婦仲に関しては良好な方が多く、きっと私も結婚したら幸せな家庭生活が送れるんだとニヤニヤしております(・∀・)

そして、私自身が本当の意味で自分自身を受け入れられるようになってからは、生徒さまも子供あるいは自分が「アレルギー体質であることをポジティブにとらえる」ようになってこられました✨

 

一瞬、生きづらさを感じる瞬間はあるかもしれませんが、アレルギーがあるとかないとか、関係ないんです。

アレルギー体質ではない私自身が自分を受け入れただけで、生徒さまの意識も変わってこられたんだから(^^)

 

私が幸せになれば、生徒さまやお取引き先、その先にいるお客様も自分自身を受け入れられるようになり、幸せになる。

 

だから、周りの幸せを願うのであれば、自分が幸せになるのが第一です。

 

子供の幸せを願うのであれば、まずは自分が幸せになりお手本となる

 

赤ちゃんって、生まれてからできることが増えるにつれ、周りの大人の真似をしますよね(*´з`)

 

 

一番近い存在のお父さんやお母さんが幸せであれば、子供だって幸せになるための真似をしながら成長できるんですね✨

夜泣きや授乳や、大きくなってからだって大変なことも多いとは思いますが💦

子供を優先しすぎて、親が犠牲になってはだめなんです。

子供は大人をよく見ています。
大好きなお母さんお父さんが、自分のために心身すり減らしているところを見たら、どう感じるでしょうか。。

私自身は子育てをしたことがないので、子育て・仕事・夫婦生活・自分の時間のバランスの取り方は分かりませんが💦

ご家庭によってそれぞれの心地よい形があると思います。

 

バランスの取り方については、他のご家庭のお話しを聞くのも1つの手ですが、あくまでも参考程度に。
一緒に住んでいるからこそ、パートナーと話し合う時間って必要ですね^^

 

子供がいて、保育園の送り迎えもあって、だから人生楽しめる。

子供に愛情をめいっぱい注いで、自分も自分の人生を送る。

お母さんお父さんが幸せな人生を歩んで、子供たちにお手本となって見せてあげましょう(*‘∀‘)

 

トイガルテン誕生秘話に出てきた私の大学時代の恩師(女性)のエピソードを1つ。

授業中にもよく話が出てくるほど、先生は1人娘のあさみちゃんをとっても愛しています。

ただ、先生はとある学問を日本でたった1人で研究されており、とてもお忙しくされていました。

あるとき京都にて、2日間続けて学会があったそうです。

あさみちゃんを授乳していた当時、まるまる2日間 離れるわけにはいかないと思われたのか、なんと京都を日帰りで2往復されたそうです!

当時、大学生だった私は純粋に「すげえ!」とおもいました。

 

そんな先生とは未だに年1回ぐらいお会いするのですが、以前はあさみちゃんも一緒に来ていました。

そんな時、あさみちゃんが先生に話しかけると、先生は平気で「今あさみちゃんとお話ししていると、ママは絵里ちゃん(私)とゆっくりしゃべれないじゃない!」とか言うことも多々ありました(笑)

最初は「なんと、お子さんにそんな。。。」と思っていたのですが、なんの嫌味もなく素直なママにあさみちゃんも素直にダダをこねていたので、親子関係がうまく築けているからこそ言い合えているのかもしれません。

あさみちゃんにはしばらく会ってはいませんが、卵アレルギーにもへこたれず元気に中学校に通っているそうです^^

 

今から幸せになる方法

 

幸せになる1番の方法は、自分と家族を大切にする時間を作る。そしてそのための時間を確保することです。

温かいお布団できちんと睡眠をとる、丁寧に食事を作って食べる、ゆっくりとお風呂につかる、家族団らんの時間を取るetc…。

自分の一番身近なところから、丁寧に過ごしていく。
そうすると、自然と自分自身や家族のことを大切にできるようになってきます。

 

以前の私がそうだったのですが💦

実は自分にとってどうでもいい事柄でいっぱいいっぱいになってしまうと、日常生活がおろそかになってきます。

あまり眠らなかったり、食事もコンビニが増えたり…

 

本当に大切にしたいことって?

 

自分自身に改めて問うと、案外すぐ近くにありました(*^。^*)

 

 

あ、ちなみに誤解のないように💦

 

私は無理をしない生活を勧めているのではなく、がむしゃらに物事に取り組む時期も、経験したほうが良いいと考えています。

 

ただ、それは、家族に守られている学生時代とか、仕事でいえば新人時代の間です。

 

一心不乱に物事を吸収して、子供、パートナー、部下といった守るべき相手が現れる頃には、忙しい中でも自分も相手も丁寧に接することができる人になりたいですね^^

 

そう考えると、生まれた時からまさに今も「無償の愛」を注いでくれる両親にも、感謝の気持ちが沸いてきます✨

 

身近なことから丁寧にこなし、着実に幸せの輪を広げていく…。

自分が幸せだと、自然と周りも幸せになって、幸せな人が寄ってくる✨

 

まず自分が幸せになって、子供も、家族も、周りの人も幸せにしてください^^

 

番外編:働き方を見直したい方、復職したい方へ

 

「そうはいっても朝から晩まで働きづめで、どうにもこうにもならない💦」

そんな方は、会社に交渉するなり転職するなり起業するなり、環境を変えられたほうがいいかもしれません。

 

トイガルテンはお菓子教室ではありますが、プライベートレッスンでいろんなことをお話しするからか、転職や副業のご相談を受けることも多々あります。

私が人材紹介の仕事をしていたため、生徒さまの履歴書のアドバイスをさせていただいたり、企業を一緒に探したりと(笑)

 

そのうち事業にしようかと考えているところですが、今は無料でご相談を受けさせていただいております。
会社員時代の私のように悩みすぎて倒れそうな方や、今よりもっと幸せになりたい方は、もしよければご相談くださいね^^

ご連絡はLINE@からどうぞ♪

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA