低アレルゲン&低糖質のお菓子教室 トイガルテン

100円ショップダイソーのゴムベラ 3つのメリット・デメリット

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

 

こんばんは。
低アレルゲン&低糖質のお菓子教室トイガルテンの佐藤絵里です。

 

私もなにかとよく利用する100円ショップ。

ダイソーとセリアがお気になのですが、最近は各社お料理道具も充実してきていますよね(^^♪

 

特にラッピンググッズなんかは100円ショップでも結構しっかりしたものがそろう印象です。

 

たまたまダイソーで見つけたゴムベラですが、使いやすかったため大・小 両方とも我が家でも使用しています✨

使用感をお伝えしますね^^

 

100円ショップダイソーのコスパ最強ゴムベラ

さっそくですが、こちらの動画に映っているゴムベラになります。

生チョコタルトを作るのに使ってみました✨

 

 

こんな感じで、パステルカラーのかわいらしいゴムベラです✨

思わず一目惚れ(笑)して買っちゃいました(*´▽`*)

 

 

ダイソーのゴムベラ 3つのメリット

実際に使ってみて、メリットとデメリットとまとめてみました。

 

ダイソーゴムベラのメリット① 100円という安さ

これは誰もが感じるメリットではないでしょうか。

品質が良くて安いに越したことはありません。

わたしのように、思わず買ってしまう方も多いはず?

 

ダイソーゴムベラのメリット② 形がプロ仕様のものに似ている

実は、形状がプロ仕様のものに似ていてとっても使いやすいです。

たかがゴムベラされどゴムベラ。

ボールから生地を余すところなく移すのに、その形状はとっても重要です。

100円なのにプロ仕様のゴムベラと形が似ているなんてダイソーすごい✨

 

ダイソーゴムベラのメリット③ つなぎ目がなく清潔に保てる

トイガルテンでは、ゴムベラはつなぎ目がないものをおすすめしています(*‘∀‘)

つなぎ目があると何度も使っているうちに頭と柄の結合部分が緩くなり、そこから水が入り込んでカビが生えてしまうんですよね💦

 

私自身、以前は頭と柄が別々の、つなぎ目があるゴムベラを使っていたことがありました。

最初のうちはいいのですが、回数を重ねるうちにつなぎ目から水が入り込みカビが生え、最後は頭の部分がとれちゃうんですよね(;^ω^)

そんなことがあって、現在はつなぎ目がないゴムベラしか使用していません。

 

 

ダイソーのゴムベラ 3つのデメリット

メリットがあれば当然のことながら、デメリットもあります。

 

ダイソーゴムベラのデメリット① 熱に弱い

耐熱性ではないため、加熱したフライパンや鍋の中で使うと溶けてしまいます。

ゴムベラ成分が溶けると臭い上に洗い流すのも大変なので、うっかりフライ返し替わりに使わないようご注意くださいm(_ _)m

 

100均で耐熱性のゴムベラが出たらすばらしい革新的だ…(独りごと)

 

ダイソーゴムベラのデメリット② 柔らかい

形はプロ仕様のものに似ているものの、材質が異なるのでしょう。

頭の端(ボールに接する部分)が柔らかいため、硬い材料を混ぜるときには使いづらさを感じます。

水分量の少なめの硬い生地を混ぜるときはちょっと注意が必要かも(=゚ω゚)ノ

 

グルテンフリーの生地はさらっとして混ぜやすいものが多いため、米粉のスポンジケーキやムースなどを作る場合には問題なく使えます。

 

ダイソーゴムベラのデメリット③ モノによっては バリ が見られる

「バリ」というのは、道具を作るため素材を切断したときに生じるささくれみたいなものです。

 

ゴムベラに限らず、100円ショップのものって、ちょっと素材がささくれみたいに(笑)でっぱっているものがあったりしませんか?

高価なものであれば、やすりなどで「バリ」を除去してから出荷するのですが、100均クオリティだとそうもいかないのかもしれません。。

 

バリがあると、お菓子への異物混入が懸念されます。

 

ただ、ダイソーゴムベラのバリに関してはそんなにひどいものではないため、ご自宅で使う分には問題なさそうです。

購入される際はよく見てバリのなさそうなものを選びましょう。

 

 

まとめ:ダイソーのゴムベラはとってもオススメ!

以上、ダイソーのゴムベラを使ってみた感想をまとめてみました。

 

100円という安さで手に入るお手軽さもそうですが、デメリットもそこまで気になるものではないため、1度使ってみられるのも良いと思います^^

 

私は生地をまとめるたり混ぜたりするときには大きなゴムベラを、ジャムなど瓶に入ったものを集めるときは小さいゴムベラを使っています♪

この小さなゴムベラが、地味に大活躍してくれます( *´艸`)

 

お菓子作りを始めようと思っているけど一気に道具を集めるのが大変な方、メインのゴムベラはあるけどもう1本欲しい方、ダイソーのゴムベラをおすすめします!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少期からケーキを食べるのがこれまで食べてきたケーキは3000個以上。 大学卒業後、製薬会社にてMR、洋菓子店にて通販用ケーキの管理、人材紹介会社にてキャリアコンサルタント、リラクゼーションサロンにてセラピストを経験した後に独立。 現在はアレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発し、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動させていただいております( *´艸`)
詳しいプロフィールはこちら

お問合わせはLINE@へどうぞ♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください