世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さん トイガルテン

アレルギー疾患の1つ。花粉症の原因とその改善方法

 
  2018/05/10
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。
世界一おいしいアレルギー対応&低糖質のお菓子屋さんトイガルテンの佐藤絵里です。

スギ花粉の季節ですね(;´∀`)
私の周りでは、あまり花粉症の方はお見受けしないのですが、もうスギ花粉が飛散されている時期でしょうか。。。

我が家では母が昔ひどい花粉症で、当時この季節は分厚い眼鏡みたいなやつにマスクをしていました。

ちょこっとの症状だと軽視される花粉症ですが、実はアレルギー反応の一種です。
私自身、製薬会社時代には花粉症用の目薬(抗アレルギー薬)の販売に従事していました。

このページでは、花粉症の原因と改善方法についてご説明していきますね。

 

そもそも花粉症ってどんな状態?

 

スギやヒノキ、ブタクサなどの植物が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす状態のことです。
食物アレルギーの花粉バージョンとお考えいただければ、わかりやすいかと思います^^
別名、季節性アレルギー性鼻炎。原因となる食物の花粉が飛散される時期にだけ、症状が現れるんですね~。
アレルゲンとして代表的なものは、スギ・ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ・シラカンバなど。
症状は、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみ・充血が多いですが、それ以外にも下痢やじんましん、熱っぽい症状などが現れる方もいます。
ちなみに私はブタクサに弱く、秋ごろになると風邪っぽい症状がみられることがあります。

余談ですが、ダニ・ハウスダストなどに反応して症状が出る場合は、通年性アレルギー性鼻炎といいます。

medical03

 

花粉症の症状はどうしてでるの?

 

結論からお伝えしてしまうと、「私たちの身体の中にある抗体(=身体を守るための機能)が、花粉(=アレルゲン物質)を身体にとって良くないものだと判断した」ためです。
外から有害な物質が入ってきたことを察知して、くしゃみや鼻水で外に出そうとしてくれるんですね(*‘∀‘)
なので、人によってはつらい花粉症ではありますが、「身体がちゃんと自分のこと守ろうとしてくれてるんだ」と考えてみてみてください^^
「抗体」の話は西洋医学的なものになりますが、東洋医学的にも花粉症の症状は「身体を冷やす原因となる水毒をくしゃみや鼻水で輩出している」と考えられています。
どちらにせよ、「悪いものを出すことによって身体がよくなろうとしている」反応なんですね~^^

virus

 

 

花粉症にかかってしまう4つの原因

花粉症の原因については様々な話が出ていますが、人によっていろんなケースが当てはまると思います。
下記はあくまでもご参考程度に、あまり神経質にならないようにしましょう。

 

遺伝

食物アレルギーもそうですが、遺伝といった先天性なものが関わっていると考えられています。
遺伝子検査なども、今は出てきていますしね^^
とはいえ、物心ついたときから花粉症がひどかったといって、改善を諦める必要はありません。
その理由が、今から挙げていく、後天的な原因にあります。
遺伝的にアレルギー体質だからとはいえ、改善の余地はたくさんあるのです(*‘∀‘)

 

食生活

同じ場所に住んでいても、お年寄りに花粉症が少ないの、不思議だと思いませんか?
インスタント食品やスナック菓子をあまり摂らない生活をしていた時代は、花粉症なんてとっても珍しいことでした。
そこらへんのお肉にも、お魚にも、成長ホルモンやら放射能やらが含まれているといった時代において、花粉症も食物アレルギーも現代病といっても過言ではないかもしれません。

 

ストレス、不規則な生活

ストレスや不規則な生活が続くと、私たちの身体を機能を整えてくれる自律神経が乱れます。
自律神経が乱れたり、免疫機能が落ちたりしてしまうと、ちょっとしたことで風をひいたりアレルギー症状が出てしまったりしてしまうのです。。
会社員時代の私のように、原因不明のじんましんなどに悩まされている方は、一度自律神経の乱れを疑ってみてもいいかもしれません。

 

排気ガス

昔と比べスギの木が増え、花粉の飛散量が増えたこともありますが、花粉と一緒に排気ガスに含まれる微粒子がくっついているんですよね。。。
同じ花粉の飛散量でも、排気ガスの多い地域での方が花粉症になりやすいという話も出ているほどです。

 

花粉症の改善する4つの方法


あくまでも医薬品は症状がつらくて日常生活に支障が出るときの最終手段と考えましょう。
ご家庭でもできることはたくさんあります^^

 

物理的にシャットアウト

私の母もやっていた、マスクや眼鏡で花粉をなるべく避ける方法です(笑)
ストレスを感じない範囲で、物流的に花粉を避ける生活をしましょう✨
花粉の飛散量が多い日は窓を開けない、外出を控え、空気清浄器を利用するなど、こまめに部屋の掃除をする。
外から帰ってきたら、衣類を玄関で払ってなるべく花粉を家に入れない。ツルツルしたコートを着て花粉を衣類にくっつけない。
帰宅後は手洗いうがいをこまめにし、なるべく花粉をくっつけない

 

目や鼻をいたわる

花粉症でダメージを受ける箇所は、目や鼻の人が多いかと思います。
通常よりも休ませてあげることを意識して過ごしましょう。
目であれば…きちんと睡眠をとる、PCの長時間使用は避ける、コンタクトではなく眼鏡を使用する、こすらず冷たいタオルで抑えるなどしてかゆみを抑える。
目を洗うことも効果的ですが、水道水よりも人工涙液(ヒアレイン、マイティアなど)を使用しましょう。
水道水は涙と成分がことなり、目を傷つけてしまうので洗うのにはおススメしません。
鼻であれば…鼻のかみすぎで荒れてしまったら、ワセリンなどを塗って保護します。

 

腸内環境を整える

花粉症の原因で少しふれましたが、免疫機能が落ちてしまうと症状が出やすくなります。
10年ぐらい前から言われるようになりましたが、免疫機能の高さに「腸」が密接に関わっています。
とはいえ、「腸の機能を高めるためにはどうしたらいいの?」ということですが、日本人のかたであれば昔ながらの和食を中心とした食生活をおススメします✨
万人に対して「これがばっちりいいよ!」という食事法は、実は存在しないといっても過言ではありません。
細かく知りたい場合は遅延性アレルギー検査(3万円ぐらい)や腸内細菌検査(5000円ぐらい?)を受けると、自分に合った食生活や腸内細菌が分かるのですが、それについては後日お話しますね。
とにもかくにも、相性のいい食べ物は1人1人によって違いますが、やはり日本人は「和食」は比較的どの人の体質にも合っているようです。
和食によく使われるお味噌は、腸内環境を整える発酵食品ですしね^^
腸の話をすると長くなってしまうため、別のページで書きますね💦

 

免疫機能を高める食事をする

身体を守る細胞や粘膜などを強化する食事であったり、身体を守る免疫機能を高める食事を心がけてみましょう✨
こちらも長くなるので、別のページにまとめました。
花粉症を改善したい人が積極的に食べたい食材7選を見てみてください^^

 

以上、花粉症とはなんぞや?というお話でした。
食生活関連の改善方法に関しては、近日中にお知らせしますね。
みなさまの花粉症がひどくなる前に💦

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
とにかく自由なケーキ屋さん(?)。 アレルギー対応や低糖質のお菓子を独自に開発して、お菓子教室・通信販売・企業向けの商品開発・動画レシピの販売などなど、多岐に渡って活動しているため自分の肩書(職業)がいまいちよく分かっていない。。 趣味はネットサーフィンとケーキの食べ歩き。これまで食べてきたケーキは3000個以上に及ぶ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA